保険相談の流れ

保険の仲介人は「仲立人(ブローカー)」とも呼ばれます。
日本では平成8年に法律が改正された時に導入された制度です。
名前の通り、保険会社と顧客の仲立を行う職業ですが、保険会社の委託を受けて行うわけではありません。
顧客にとって最善の契約条件を得るために保険会社と交渉して契約締結を行う職業のことを指しています。
経済がフローバル化し、情報通信が進歩している現代では企業に置けるリスクが複雑になっています。
それらをカバーするために最適なものを有利な条件で交渉することがメインの仕事ですので、顧客の業種についての知識や情報を備えることだけでなく、世界各国におけるマーケットに関する豊富な知識や情報も必要とされます。

仲立人は顧客の代わりに多くの保険会社と交渉する仕事です。
市場にある商品の中から最も適切と思われる商品についてのアドバイスや紹介を行います。
代理店と違う点はここにあります。
代理店は保険会社の代理となり顧客を募集して契約を結ぶことが仕事ですが、仲立人は契約者側に立って仕事を行います。
そのため、もし顧客に損害を与えた場合は自身が責任を負わなくてはいけません。
また法律により、顧客に対して最善の商品をアドバイスする義務があると定められています。
顧客のためのリスクマネジメント業務も負っているので防災に関するアドバイスなども必要とされます。
また代理店は航空・船舶に関する商品を扱うことができませんが、仲立人は海外の商品も手配することが可能です。